出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品工場建屋は新しいのに越した事はありません。但し、それは二の次。

2007年10月12日
ハードが立派であるに越した事はありません。但し、ハードでカバーできるのはせいぜい3割程度では。

HACCPを心得た施工会社に委託すれば委託側にそれ程知識が無くともある程度の建物・レイアウトの工場が出来上がります。ハードを整える資金があるのは素晴しい事ではあります。



一に人(ソフト)、二も人(ソフト)、三四が無くて、五にハード。見てくれが良い工場だと、その会社の人も外部の人も先入観で「一定レベル以上の食品工場」と過信・誤解に陥りやすい。

「人は石垣。人は城。・・・」時代を経ても語り継がれる不朽の格言。不変の含蓄あり哉。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています