出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品製造企業の「食品不祥事」顕在化リスク評価

2007年10月10日
大手の場合、「食の安全」「法令順守」が社会的注目を集めるずっと以前から品質保証には力を注いで来ていますので、外部から不祥事リスクを計られる隙は先ずありません。調査は徒労になるでしょう。

それに対して中小企業の場合は自身で気づかない不祥事顕在化リスクを外部調査で「容易に」把握されるケースは多い。食中毒発生リスクがその最たるものです。

しかし、調査するのは同業者である場合が多いですから、把握されてもさされる事はないでしょう。理由は他社の不祥事でも公になれば今時勢風評被害は業界全体へそして自社にも及ぶ可能性があるからです。

但し、他者・他社から自身が把握していない経営リスクを把握されるのは気持ちのいいものではないでしょうし、金融機関がその方面の評価を加味するようになれば融資にも影響するでしょう。現状ではまだ金融機関がその方面に着目しているふうではありませんが。

                     〜 ♪ LA VIDA SIN AMOR ♪ 〜

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています