出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食育にみる地場中小食品企業への追い風

2006年11月25日
食育推進に学校給食の地場食材比率を30%以上にしようという方針が政府から出されました。

これは地方の中小食品製造業にとってうれしいことです。学校給食の入札に参加するには「保健所の食品衛生監視表」「製品の日持ち検査表」「学校給食用の商品規格書」の3点を揃えれるだけでOKです。

学校給食は安全性など入札のハードルが高い、と先入観をお持ちの経営者も多いですが、そんな事はありません。

商品名・社名を消費者にアピールできるわけではありませんが、地元での認知度が意外に低い商品なら尚更入札に参加しましょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています