出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

今年は身近での大型食中毒が多い。温暖化の影響で経験則による判断に狂いが出たのか?

2007年10月05日

今年は秋に入っても気温が高い日が続いています。昨今の食品衛生管理は、過去の経験則による判断のみでは難しくなっています。

適宜抜取り検査・拭き取り検査で微生物の汚染状況を確認する食品衛生管理手法を併用することをお勧めします。

予兆を見逃さず、問題化する前に適切に対処する事は、中小であれ、食品企業に求められる存続を左右する危機管理です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています