出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

カキのノロウィルス検査は業者負担、牛のBSE検査は税金。公平?

2007年09月30日
BSE検査が全く無意味、とは言わない。しかし、プリオン検出限界未満で感染・発症しないという確証もないよう。消費者の安全のためではなく、安心のため、消費低迷防止策として必要とされているように感じる。

そうだとしたら、他の食品にも検査補助をしないのは不公平なのでは?そういう疑問が浮ぶ。殊に地元宮城県や広島県では牡蠣業界の苦境は深刻。宮城県塩釜市でも最近牡蠣加工業者が消費低迷の煽りで倒産の憂き目にあった。

生協を除けば他に消費者団体の援護もないカキ加工業界はどう世情を受け止めているのでしょう。真直に牡蠣業者の苦境を観ているだけに、何とも切ない。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています