出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品関連法令上の不正競争に喘ぎ疲弊する生協。

2007年09月19日
私の仕事は、食の安全・食関連法順守を是とする社会が前提。官民通して、これを引っ張ってきた孤高が生協。最近の疲弊が気がかり。

ミートホープの件が発端となり、コープさっぽろでは取扱い商品の一部でDNA検査を実施するとの事。年間経費は数千万円だとか。科学的に食の安全を希求するためとはいえ、これではもたない。

「悪貨が良貨を駆逐する」

国内に於ける「食の安全・食関連法順守レベル」の中で、現状でも生協のレベルが如何に高いか、という正当な評価がなされなければ、生協も何れは変質する、それが気掛かり。

「食の安全・法令順守」リーダーの疲弊は私にとっても痛手。

国内問題に蓋をする護送船団的保護政策は、他業種の製造業が中国製品に震撼させられたように、動転の機を与えるのでは。中国産叩きは天に唾するようなもの?

現状肯定しつつも、先ずは法令周知・順守啓蒙に行政は一層努めてもらいたいもの。正直者が馬鹿をみるようでは困る、私も困る。黙認のみで推移するようだと、私は商売あがったり。商売換えしようかな?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています