出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

依頼原稿が書けない。スランプ?

2007年09月13日
依頼頂いた原稿まだ書き上げられず.....、いつもは一気に書き上げる方なのが。俄かにJAS法による取締りを始めた農水省の本気度が読めず、困惑・頭の整理がつかないのも一因かも。

ミートホープの件、大臣個人の不祥事、補助金問題。農水省を取巻く問題が沈静化すれば、お茶を濁すが如く、取り締まりもフェードアウトすると思いきや、燻ぶり続け。

基本的にはJAS法違反で回収は無い、としたこれまでの方針を農水省が変えた(君子豹変?)のは確かなようですが、どの程度の違反まで咎めないのか、線引きが読めない。

農水省自体、マスコミ・消費者の反応を量りながら、線引きを模索しているのでしょう、農水省の近々の取締りを観ているとそういう印象を受けます。

産地や含有量に関する法令は景品表示法に統一してもらえると分かり易くなるのですが、亡霊のように蘇ったJAS法、判断が厄介。法に精通し、水を漏らさぬ表示を既に行っている大手はいいでしょうが、中小零細には寝耳に水、というケースもあります。

告発に対しては自省がマスコミ・消費者から非難を浴びないよう対処するでしょうが、自発的に動く事もあるのか、農水省の腹が読めない。まさか、とは思いながら、自発的に動くのであれば、一大事。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています