出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

菓匠三全の報道。毎日新聞と河北新報で食違い。どちらが正しい?

2007年09月04日
たぶん河北新報の報道が正しいのではないか、と思っています。

河北新報によると、黄色ブドウ球菌汚染箇所の特定は保健所の(拭き取り)検査によるとの事。

一方、毎日新聞によると、特定は同社が行った検査によるとの事。

毎日新聞の記事が正しいなら、同社はHPでその経緯を詳細に説明記載するのが企業として説明責任を果たす一端。又自社調査で知りえた事を公表しない場合、非難を浴びる事になります。

総合的に鑑み、保健所が緊急立ち入り調査・検査で原因を特定した、と私は判断しました。

又間違っていたりして。

私のように、他者・他社の事例の経緯を推理し、以後のニュースと照らし合わせる訓練は自身の品質管理・品質保証技能を高めるのに非常に有効です。

肝要なのは当事者に投影して考える、その姿勢です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています