出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

宮城県条例案。食品回収の公表義務化の光と影。

2007年08月29日
事業者が食品回収する場合、県への報告を義務付ける、消費者保護の観点からは正当。

事業者側の気になる点は「風評被害」か。人間はミスをするもの。正直に誠実に公表したため、マスコミ・消費者の誤解から激しい非難にさらされた事業者の例は枚挙に暇が無い。

自主検査頻度の高い事業者・法令順守意識の高い事業者が「割を喰う」「馬鹿をみる」ことが危惧。

「公平性」を如何に保つか、保てるか、この点意見具申思案中。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています