出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

不特定の外来者が触れる箇所の殺菌・消毒をお忘れなく。

2007年08月23日
中小食品製造工場の出入り口は、一つという場合が多いです。こういうケースではドア・ドアノブを不特定の外来者も触れています。従業員の健康管理に注意しても交差汚染があっては工場内に食中毒菌を持ち込むことになってしまいます。

ドア・ドアノブには大腸菌・黄色ブドウ球菌が常に付着している、と考えて対処しましょう。

具体的には、水道水で200ppmに希釈した次亜塩素酸に布巾を浸して、ドア・ドアノブ等外来者が触れる可能性のある箇所を拭きましょう。

一日一回拭くのであれば、工場の人の出入りの状況によりますが、11:50〜12:00の間が適当でしょう。

 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています