出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品不祥事「正直者が馬鹿をみた」事例。同情に耐えない。

2007年08月21日
昨年クリスマス。ケーキに黄色ブドウ球菌が混入していた事例。

混入は微量。こういう事はよくある事。事実確認できた事を誉めたい。「自社で製造毎に検査している」という事自体、業界としては珍しい。安全管理レベルが高い。

製造毎に検査していたため、目視・風味検査では発見できない製造不良に気づいた(気づいてしまった)。日常検査では結果を早く知るために、精度の低い簡易検査が主流。このような場合、精度の高い確認検査を追試として行うのが常識。

セオリー通りに行った結果、陽性。急ぎ回収告知したところ、「遅い」「隠そうとした」とマスコミ・消費者から非難轟々。

これでは「真摯」「誠実」な事業者は堪ったものではありません。他の多くの事業者同様、検査しない方が良かった、と思ったのでは。

「正直者が馬鹿をみる」事例は少なくありません。当事者による経緯説明は「弁解」「言い逃れ」と解され、貝のように口を閉じるしか術がありません。

こういう事例に対しては、第三者として、積極的に事情説明記事を各方面に投稿していきたい。傍から見ればこんな私はドンキホーテ、なんちゃって(懐かしい?ギャグ)。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています