出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

表示と今後の是正案(弁当、優良誤認) 2

2006年11月17日
この事例は現時点では違反ではありませんので、念のため。

食品表示関連法については消費者の要望が近年反映されてきていますが、又改正・追加されます。重ねて現時点では下記事例は違反ではありません。現状と今後の対比にいい事例なので、紹介します。

商品名に「たらば」という文言が入っています。原料には「たらばがに」と「アブラガニ」の文言があります。タラバガニが使用されていますので、表示上問題はありません。

改正後は、優良表示については使用割合を記載する義務が発生します。

下記の事例では、カニとして2種類使用しています。又タラバガニの方がアブラガニより消費者は価値が高い・高級・好イメージを抱いています。

「たらば寿し」という文言は「使用しているカニが100%量タラバガニ」と消費者から優良誤認される可能性がある、ということで法改正後は原材料一括表示欄又は優良誤認にならないよう適切な箇所に「タラバガニ○○%使用」という文言を記載する事が義務になります。

農水省ホームページを参照し、早めの対応を!

20061117170853.jpg









 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています