出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

加藤美蜂園本舗の従業員が可哀そう。

2021年10月19日
商品回収告知のホームページ内に「なお、今後自主回収の必要な商品が判明した場合には、その都度ホームページ上に随時追加致します。 」という文言あり。

こんな注釈は世の中で通用しません。担当者は通用しないのをわかっていながら苦悶の注釈を付記したのでしょう。その胸中を思うと...気の毒でなりません。

キープサンプルは保管してあるでしょうから、それを分析機関に現在検査依頼中でその結果次第では回収対象が更に拡大、ということなのではないでしょうか。

不正が公になった時点で全商品回収となることは担当者は分かったでしょうが、後手後手対応は経営者の問題だろうと思います。

事前に不正を知っていたとしても順法上申や外部通報は「自分と家族の人生を捨てられる人」しかその行動は起こせない制度になっていますので、従業員を責められません。

そんな経営者の会社で働いていることを気の毒と思うだけです。本当に、従業員の方々がお気の毒です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています