出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

当該はちみつ使用加工食品は回収しない模様。妥当な判断だと思います。

2021年10月17日
食品衛生法違反の当該はちみつは広く加工食品原料として使用されていると思います。

法令違反の原料とは知らずそれを使用して加工・製造してしまった食品は「健康危害の恐れがない」場合には回収を要しない、という不文律?が「不適切な原材料名表示をしていた調味料事案」の時にある程度固まったと私は思います。

調味料事案の時も被害企業は多数で、今回の場合も同様影響が大ですので、食品ロスの観点からも行政は消極的是認の姿勢なのでしょう。

「回収しない」という姿勢は全企業足並みを揃えないと雪崩を打つことになりますが、丸一週間経っても回収報道は見かけませんので加工食品企業への被害は限定的で済みそうです。回収するなら一週間以内に開始、それ以降に開始すれば隠蔽しようとしていたと思われたとしても致し方ありませんので。

当該はちみつ企業から仕入れていた加工食品会社は代替原料手配が間に合わず製造休止という被害は被るのかも。

それにしても...当該はちみつ企業経営一族による骨肉の争い。他人事としては面白い、ですが...そのトバッチリを被る従業員の方々がお気の毒です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています