出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

飲食業の方が弁当・総菜の製造販売を始めようとする場合、食品表示については資材・食材仕入れ先に相談するとよいでしょう。

2020年12月11日
「飲食店営業」と「そうざい製造業」では食品衛生法上の営業許可が異なります。コロナ禍の緊急事態を保健所もある程度は考慮してくれるのではないか、と思います。

それでも...今までは不要であった食品表示の知識は必要になります。とはいっても「食品表示ラベル(アレルゲン表示含む)を作製し商品に貼付するという実務を自前で0から身に着ける」というのは現実的ではありません。

資材・食材の仕入れ先には食品表示の知識のある人が誰かしらいるものです。「その人に一時的に食品表示を作成してもらう」それが現実的であり早道だろうと思います。

アレルゲン表示に漏れがあり健康被害が出た場合、消費者に申し訳が立たないですし事業者側も刑事告発されるかもしれませんので、くれぐれもアレルゲン表示漏れがないようご注意ください。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています