出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

玄米茶は必ず玄米を使用していると思っていました。

2020年10月11日
毎日新聞のデジタル記事を読んでビックリ。煎った玄米を使用しているのだとばかり思っていました。「玄米ではなく精米を使用しても構わない」、玄米茶の歴史・慣行を踏まえて業界団体・消費者庁はそう判断しているそうです。

とはいえ、大手企業ならあげ足をとられないよう玄米を使用したほうが無難、と思います。

「白米より玄米のほうが健康に良さそう」と思う消費者から消費者庁へ寄せられる疑問件数が現時点では無い或いは少ないのでしょう。件数が多くなれば、景品表示法の観点から先々ルール変更になるかもしれません。

食品行政が消費者視点をある程度重視してもよい・重視しても許される時勢になってまだ日が浅いですので、消費者側が梯子を外さないかパワーバランスをみながら必要に応じてバランスを取っていくのだろうと思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています