出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食事業者はアレルゲン「アーモンド」の表示推奨に困惑しているでしょう。

2019年10月05日
食品表示法に沿った表示修正のための包材切替を済ませている事業者、特に「丁寧な表示」をしている大手企業は困惑しているでしょう。
枠外にも見やすいようにアレルゲンをわざわざ丁寧に文字を大きくして表示している包材であるほど更新を急ぐ必要があるでしょうから、ある意味気の毒です。
先々のことを考えれば、ファミマPBの日清食品カップ麺の表示方法(義務・表示推奨の全アレルゲン一覧表を記し含有アレルゲン欄を反転色にする)が妥当なのかなあ〜と思います。
改めていろいろな会社の商品を見るにつけ、各社知恵を絞って表示している苦労が見えますので、担当の方々は神経遣って大変だなあ〜と頭が下がります。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています