出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

小規模食事業者から品質保証業務を頼まれた時に先ずすることは違反の洗い出し。

2019年09月06日
小規模食事業者なら食関連法に何ら抵触していないということはありません。悪意をもって違反する事業者もあるでしょうが、小規模の事業者なら悪意なく違反してしまっているものです。
奇特な小規模食事業者から品質保証業務を頼まれた場合、先ずやったほうがいいのがどんな違反をしていまっているのか探して対処の優先順位をつけるという作業です。
「どれが何という法にどう違反しているのか」は経営者に教えないほうがいいでしょう。無反応(ちんぷんかんぷんで何を言われているのかわからない)ならまだしも、青ざめたら気の毒です。
「小規模食事業者なら悪意のない違反があるのが当たり前」その揺るぎない大前提の下、穏当に是正していけばいいだけ、の話です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています