出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食関連法所管行政には違反企業をバンバン摘発してバンバン倒産させてほしい。

2017年11月06日

全国で一日当たり1000事業者ぐらい摘発してその多くを倒産に追い込んでくれたら私の需要が喚起されるかも。飲食業を含め小規模の食業者は食関連法自体をあまり知りませんので知らないので違反してしまっている例は数多ですから。

営洋のように意図的に違反する場合は流石に安全性には留意するものでしょうが、悪意の無い無知による違反は安全性への配慮も同時に悪意無く抜け落ちますので一層問題。

食関連法所管行政が適正に職務を遂行してくれれば違反事業者が毎日複数摘発されますので営洋のように集中砲火を浴びて徹底的に叩かれることもないでしょうから、ある面営洋が気の毒に思えます。

営洋関係者に知り合いはいませんので、営洋がどうなろうが私には関係の無いことですが、もし知り合いがいて気の毒だと思ったなら、複数都道府県を回り一日10社程度の違反食品を所管行政機関に届け速やかに処置するよう所管行政機関に要請し同時に報道機関に通報します。鮮度の高い別の事業者の違反行為を報道してもらうことで営洋の報道価値を相対的に下げ営洋のダメージを軽減させる、かもしれません。

な〜んてことはよた話ですが、品質保証専従の従業員がいない事業者なら食関連法に照らして整合性を取りながら営業することは困難ですから世に違反は数多。内部告発された事業者以外摘発できないのかしないのか、どちらにしろ行政はもうちょっと仕事してくれというサモシイ気持ちはちょっと、あります。食関連法を知らなくても営業がずっ〜〜と継続できる環境を放置している責任は行政にあるのですから。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています