出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

乾燥食品製造会社「営洋」(いわき市)の今後のニュースに注目。

2017年11月03日

所管保健所が刑事告発した以上、「刑事告発が不当であった」ということは福島県庁が絶対に受け入れないでしょう。損害賠償請求・訴訟へと発展する可能性がありますから。

会社側は「試作しただけであって販売用商品を製造したわけではないので食品衛生法に抵触しない」という主張なのでしょう。一方、保健所側は「共用で製造ラインが使用されたことも問題視している」のでは?と思います。

食品衛生法は歪な法ですが食品衛生行政の末端機関である保健所食品衛生監視員はそれに則って判断するしかないですので食品衛生上問題なくとも食品衛生法に抵触すれば問題視するでしょう。会社側は食品衛生に自負があるためか「歪な食品衛生法(小規模飲食業には網をかけない)」運用をする保健所の言を軽視してしまったのだろうか?

「同社製乾燥かまぼこは国内シェアほぼ100%」と同社HPに掲載されている。安全上の問題がない(加熱殺菌され細菌検査の結果が良好)なら同社製品を具材として使用したカップ麺を行政側が回収させることはしないだろうと思います。とはいえ今、カップ麺メーカーは青くなっているでしょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています