出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

神戸製鋼所は「内部通報者保護制度(通報する裏切者を処罰する法律)」のある意味犠牲者。

2017年10月27日

是正されない状況に苦悶し社内の法務部署や経産省その他へ通報することを考えた或いは実際に行動を起こした従業員が過去にはいただろうと思いますが、諦めたか潰されたのでしょう。

現在公になったことがいつの日か外部に知れグループ存続の危機が訪れることは品質保証職の方なら当たり前過ぎるほどに理解していたでしょう。それでも長年に亘って是正されず穏当に是正する機会を失い「いつの日か(Xデー)」が来ただけのこと。

内部通報者保護制度が実質「通報者を糾弾する法律」になることが当時の大臣の言動から明らかでしたので品質保証部門の責任ある立場の方々も是正に舵をきれなかったのではないか、と想像。そうであれば気の毒には思います。

「神戸製鋼所」という名が残るのか、残すのか、それは政府・所管官庁の腹三寸なのでしょう。個人的には取引先を含めた雇用が失われず又自主再建の道が開けることを祈ります。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています