出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

厚労省がHACCP義務化を「本気で」考えているなら実効策は一つ。

2016年04月13日

手始めに、「一定規模以上の食品販売業が扱える商品」を「HACCP認証取得した食品加工・製造業者の製品に限定」させる法律を制定することです。食品衛生が中間層にある事業者は一斉にHACCP認証取得へと動くでしょう。

それ以外の案は食業界側としては鼻で笑う・へそで茶を沸かす話となるでしょう。

「食品衛生管理の国際標準化に関する検討会」委員の方々・厚労省にとってもその一線を越えない限りHACCPが普及しないことは自明でしょうが、...ルビコンを超える提言はタブーでしょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています