出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

陽炎の辻。舞台の設定は毛利家中?

2007年07月20日
海に突き出た本丸。モデルは毛利家中?

居眠り、昼行灯。魅力的な設定。

全てを失った男、坂崎磐音。太刀筋、流麗。
その瞳の奥で何をみる、と言った感じ。

いい時代劇ですね〜、今後の展開が楽しみ。

古典的設定なら許婚は髪を下ろす、でしょうが、
そういう設定にはしないでしょう。

着物の裏地が赤、というのは陽炎といえども。
赤紫色ぐらいにして頂けないものか。
黒と赤のコントラスト。個人的には、人の心を操る剣「妖刀」を
連想してしまいます。偏見かな?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています