出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

消費者庁「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」...表示義務拡大は必至。

2016年03月13日

株式会社村田屋の景表法違反などの現状に鑑み、消費者庁「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」は加工食品の原料原産地表示義務化の拡大へと更に大きく舵をきることになるのでは。

義務化されれば消費者に誤解される・消費者を意図的に誤解させるような誤用・悪用は商品表示で相当程度指摘できるようになります。

景表法違反が「業者のミス・知識不足なのか」「意図的な行為なのか」の判別が所管行政にとって容易になるでしょう。判断がつけにくく措置命令という温い行政処分でお茶を濁し「行政は違法行為に寛容」という後ろ向きな啓蒙が世に広がることも改善されるかもしれません。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています