出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

厚労省の「食品衛生管理の国際標準化に関する検討会」。担当官・委員の方々も気乗りしないでしょう。

2016年03月09日

HACCPで管理できる地力のある事業者は既に導入済み又は準拠済み。HACCPに準拠さえしていない・出来ない事業者は法で強制・義務化しても出来ません。HACCPを導入・準拠していない事業者に普及する活動は地方自治体に負わせるのでしょうが、それは徒労・税金の無駄使いになります。

高尚な話より現状の食品衛生責任者制度を改善する検討を厚労省は着手したほうがいいのでは?食品衛生責任者の「お札」は講習会を受講すれば誰にでも交付しますが、講習を聴くことまでは求めていませんので疲れている方は寝ても可。わざわざ呼び集めて講習会を開く必要はないのが実情。厚労省の方々もある程度その現状はご存知でしょう、知っているとはとても言えないでしょうが。

食品衛生の底上げを厚労省が本当に企図するならば、食品衛生責任者の「お札」を渡す前に簡単な理解度テストで20点以上(100点満点)とらないと渡さないとかに改正するのが先ではないかなあ〜、と思います。

役所の方が実情を理解しておられたとしても諸方からの圧力で手をつけられないのかなあ〜と思ったりしますが、食品衛生責任者交付実情を改善せずにHACCP普及というのは砂上の楼閣どころの話ではありませんから官僚の方々の苦悩も深いのだろうなあ〜。燕雀の私には到底思いも及ばぬ苦悶というものが鴻鵠の方々にはおありなのでしょうね〜。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています