出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

違法行為は早期に合法的代替方法に切り替えることをお勧めします。

2016年02月06日

社内での責任のなすりつけ合い・責任の顕在化を恐れて先送りしていればXデーはいつか来てしまうかも。違法行為をする・させる事業者の違法行為が公になるかならないか、それは従業員が告発するかしないかそれ次第でしょう。それ以外に公になる可能性は低いですから。

公益通報される事業者は従業員を怒鳴ったり殴ったりするような事業者だろうな、と思います。従業員が公益通報すればその事業者は潰れますので、自分の生活・他の従業員の生活を考えれば通報は出来ないでしょう。それでも通報するということは余程腹に据えかねてのことでしょう。

報道でそういう事例というか事件を目にするにつけ失業する無関係な従業員の人たちを思い、気の毒に思います。阿保な経営者の会社に勤めてしまった方々は気の毒です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています