出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

真っ当な小規模食事業者が違法状態で営業を続ける主因は「違法状態である認識がない(法・条例を知らない))」からです。

2016年01月07日

第二の原因は「違法状態でも何ら営業上の支障が発生しない(行政が営業禁止措置等を行わない)ので知る機会に恵まれない」からです。

小規模食業界はある意味官製不正競争環境にありますので納品先から要求がない限り自主的に法・条例を知る努力をし更に順守努力をする行為は自傷行為です。

自主的に努力する事業者は法・条例順守を建前だけでなく真に要求する納品先を探すか努力をセーブするかしないと生き残るのは難しいです。

誠実に努力する者が報われる公正公平な世の中なら...「こ〜んな苦労もさせまいに、させ〜えま〜いいいに〜〜〜〜」(正月なので寅さん風に)。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています