出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

河北新報による報道の余波で私の需要が増すと有り難いですが...。

2015年11月03日

河北新報の記者は宮城県庁の「食の番人」としての姿勢に不信の目を向け続けるのでしょうから、職業人としての私は河北新報に感謝しなければいけないのかも。

河北新報の報道の妥当性は横に置いて、河北新報報道に煽られて宮城県庁が県内小規模食事業者にも法令順守を厳に要求するようになれば私も生活が出来るようになるかも。

宮城県内に限らず全国都道府県どこでもそうですが、行政が小規模食業界にも法令順守(科学的法令順守も含めて)を厳に要求するようになれば飲食業の8割以上・小規模食品加工製造業の6割以上は順次営業停止・禁止になるでしょう。

まあ〜、そうはならないのが大人の社会、ってもんなのでしょう。今年の冬も寒い、だろうなあ〜。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています