出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

宮城県庁の「県政に関する苦情申立制度」を利用するのも一つの手。

2015年10月27日

この制度を利用して経緯等について調査結果を知ることが可能かも。宮城県庁が刑事告発の準備に取り掛かった時点以降は制度を利用できない規定がありますので、県庁の動向を少し見てから、にしよう。

食関連法違反に関する裁判は食事業の実情に疎い方々だけで行われる場合が多いですので、良くも悪くも不当な判決が出るのが一般的、という印象。

刑事告発するしないは宮城県庁の裁量ですので、違反の種類・程度というより効率的行政・費用対効果の観点から決めるのかも。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています