出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

螢劵奪叛臑罎梁緲人弁護士の方への助言。

2015年10月17日

賞味期限改ざんした理由として「取引先に『訳あり商品』と宣伝し格安で売りたかった」と言ったと報道されています。

『訳あり』とはどういう意味なのか、その『訳あり』とはどういう意味と購入した旅館・ホテルが解したのか。食品関連法・品質保証上問題ある商品とわかった上での販売は勿論、購入することも問題となりますので、『訳あり』の意味は「違法性はないが...」ということを明確にしませんと購入した旅館・ホテルもグルだとみなされるかもしれません。

旅館・ホテル側に非はないのでしょうから他者を巻き込まないよう対応していただきたいと思います。

この場合の『訳あり』とは『賞味期限が残り少なく通常価格では買ってもらえない』という意味しか看過されません。意味を明確にし購入した旅館・ホテル側はグルではなく善意の第三者・被害者だということは明言されたほうがいいと思います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています