出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

全国で1万社以上の食事業者が食品関連法・条例上の違反・不適正を常態的又は散発的に行なっているでしょうね。

2015年10月17日

違反・不適正だと自覚しているかどうかはまた別の話ですが。行政側もそうだろうとは思っているでしょうが、あまり表沙汰になると啓蒙・監督責任も問われるでしょうからジレンマはあるでしょう。

宮城県内で報道されている螢劵奪叛臑罎里茲Δ坊弍直緲のない違反をわざわざして告発される事例は珍しくはありません。同社が温度帯変更の概念を知っていたなら仕入先の加工会社・製造会社と交渉して自社出荷日から起算して賞味期限をつける合法的(科学的合理的)方法を知っていれば違法行為をせずに済んだでしょうし、従業員を不当に叱責するような「告発出来るものならやってみろ!」的愚行もする必要はなかったのでは?

食品関連法・品質保証の観点から無意味な違法行為をわざわざ行って諸方に迷惑をかけている状況を報道等から知るにつけ、もったいない話だと嘆息。

違法・不適正行為を従業員に強いている食事業者は多いでしょうが、そういう会社の経営者はいつでも螢劵奪叛臑罎里茲Δ帽霹され、場合によっては服役することになります。「違法・不正をしないと事業継続できない」と思い込んでいるとしても従業員を労わる気持ちだけはせめて持ってほしいものだ、と思います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています