出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

螢劵奪叛臑罎侶錣呂發瓩修Δ世覆◆舛反看曚垢襪海箸琉譴弔蓮嵶鼠人の方々の面子」と「告発した方の面子」との重盛的相反。

2015年10月16日

告発した方は賞味期限付け替え延長とその作業により商品が食中毒を誘発するのではないかとご心配されていたとの報道あり。賞味期限内では食中毒が起こらないだろうと思うのに延長したことにより食中毒が起こると心配なさったということは付け替え作業が室内で行われ商品表面が解けかけていたとか腐敗の初期事象が発生しそうだとか品質自体の劣化が起こっていた場合があるのかもしれません。誠実な方なのでもしもを心配なさったのでしょう。

しかしそれでは、この会社から仕入れていた旅館・ホテルの料理人の方々は賞味期限切れの品質が多少なりとも劣化しているのを気づかず料理したか又は多少劣化したことを了解しながらご自身の腕前ならそれをカバーできると考えて料理したのか、とあまり芳しくない話になります。

実際のところは賞味期限を相当過ぎても品質は劣化していなかったのではないか、とも考えられますが、それでは告発した方が納得できないでしょうし河北新報記者の社内的立場も悪くなるでしょう、一方品質は多少なりとも劣化していたと解されれば料理人の方々の面子は丸つぶれになるでしょうし、旅館・ホテルの善意の第三者としての立場が揺らぎます。

あちらを立てればこちらが立たず、宮城県内旅館・ホテルへの風評被害がこの件で発生しないよう宮城県は細心の注意を払いたいでしょうが、それでは告発した方を宮城県が踏みつけることになってしまうかもしれません。

あちらを立てればこちらが立たず、宮城県庁の担当職員は平重盛の心境かも。

本来、諸方へかける迷惑を可能な限り軽減する責任は問題を起こした螢劵奪叛臑罎砲△蠅泙垢、果たせなさそうな場合には所管官庁である宮城県庁が担うしかありません、いや〜県庁職員は胃が痛いでしょうね、気の毒に思います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています