出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

宮城県庁・保健所への無頼的大きなお世話な放言。

2015年10月15日

刑事告発する・しないは所管行政の裁量。不正企業をあまりに高圧的に糾弾した場合、行政に対して善意の第三者から怨嗟の声があがる可能性もあります。

不正企業をあまりに追い詰め過ぎると「納品先企業も暗黙の了解をしていた」と苦し紛れに言うかもしれません。嘘でも人の知るところとなれば善意の第三者は風評に晒され、潔白が証明されても時既に遅しとなる、そういう可能性も行政は頭の隅に入れて臨むでしょう。

この手の事案を経験の浅い職員に担当させはしないでしょうが、行政側が広い視野で処理にあたらなければ全国ニュース規模の報道価値に高めてしまう懸念はあります。

所管行政として職務に精励したゆえの結果でそうなったとしても政財官から私のような小市民にはわからない形でいじめられてしまうのでしょうね。

それぞれの立場を大きなお世話的に想像して楽しむ、半引きこもり。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています