出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

河北新報の記者の方はまだ保護法・食法・品証の関係を理解できていないようですが。

2015年10月15日

保健所が告発した方に「証拠が足りない」と言わざるをえなかったであろう最大の理由は告発された会社側から「誰かが告発したのではないか?」と勘づかれないだけの証拠がほしいということだったのかもしれません。小さな会社なら「誰か」は容易に特定されてしまうものです。

保健所が「1分で立ち去った」「調査を打ち切る」と言ったのも告発者を保護するため・保健所職員が公益通報者保護法違反を起こさないためのやむをえない仕儀だったのでしょう。

河北新報記者が告発した方が関係者から特定される内容で報道する意向を宮城県庁・保健所に伝えた時点で行政側は公益通報者を保護する義務を負わなくなったものと解釈できるのでしょうから、身軽になった保健所職員は会社側に堂々と「通報に基づき調査します」と言えますのでそうなれば保健所職員も摘発は容易でしょう。

初歩的な知識ですが河北新報記者の方には理解できなかったようですが、この辺のことは早く理解しておきませんと、偏向報道どころか誤報と言われても反論はできないでしょう、基礎知識が欠落しているのですから。

宮城県庁側が記者の社内処分を河北新報に要請することはしないでしょう、正義感が発露の勇み足でしょうし、お若い方なのでしょうから経験を積む機会を与えていただければとも思います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています