出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「クレーマーかも?」と思ったら保健所に間に入ってもらいましょう。

2015年09月28日

「ケーキやパンに髪の毛が入っていたなどと嘘のクレームをつけ、現金や商品を騙し取った人が逮捕された事件」を耳にしての感想。

クレーマーかそうでないかの判別が難しい場合が結構ありますので、保健所をリトマス試験紙として使う方法もあります。

「自社取り扱い食品が健康を損なう可能性がある場合、所管保健所にその旨報告する義務がある。」ことを知らない小規模食事業者は多いのかも。髪の毛混入であれ「場合によっては」食中毒原因となる可能性もありますので、苦情内容と自社製造・加工食品の個々の製造過程等を考え合わせ、「事業者側に課せられる保健所への報告義務」有無を事業者が判断することになっています。

世の中いろいろな人がいるでしょうから、悪用されると私も本意ではありませんので、これ以上は口を慎みます。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています