出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食物アレルギーの方・保護者の方への助言。

2015年09月17日

食物アレルゲンの食品表示に絶対的信を置いていいのは全国的に名の知れた大手食品メーカーの製品のみと認識しておいた方が安全です。

食物アレルゲンの表示が適正か不適正か、食品表示の字面を診てその製造会社がどの程度の品質保証レベルにあるのか、表示を信用しても安全上問題がなさそうなのか、判断できる消費者は少ないだろうと思います。

所管行政が指導・点検・監督するのは食品表示の字面だけです。実際の使用原料・製造工程と食品表示を照合するわけではありません。食品の卸業者・仲卸業者・大手食品流通販売業者はそれらを照合する場合も多くなりましたが、品質保証・食品表示法に精通したそれら第三者的業者が介在・照合・点検しているのかいないのか、その判別をつけられる消費者は少ないだろうと思います。

全国的に名の知れた大手食品メーカーの製品を食品添加物の使用種類・量が多いと敬遠する消費者の気持ちもわからないではありませんが、殊食物アレルゲンの表示信頼度の観点からはそれらの製品の適宜利用をお勧めします。

 


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています