出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「食品表示ラベルを貼り間違えた、どうしたらいいんでしょう?」と訊かれることはある。

2015年08月02日

私の知り合いの事業者の業態・事業規模では公表・回収ですが、業態・事業規模・販路によっては待ちの姿勢で問題はないでしょう。ただし、「7アレルゲンの表示漏れ」に該当する場合は業態・事業規模・販路がどうだこうだは関係ありません、考えるまでもなく条件反射的に即公表・回収です。

地元保健所に連絡・相談は迅速に、ですが、製造・直売でない場合は迷惑をかける納品先に第一報を入れ「これから保健所に連絡する予定です」くらいの筋は通したほうがいいでしょう。

 

表示を間違ったのに非公表・非回収なんてとんでもない考え方、ではありますが、法に照らして適正な表示が出来ている小規模食事業者は少数派ですし、その現実を所管行政もやむなしとしていることを考慮しての現実的思考です。

そういう現状を所管行政がよしとしないのであれば、...私は左うちわですが、行政の尻を叩いてマッチポンプしようとしても行政が動くことは決してありません、行政とはそういうものです。

私が行政官でも動きません、動けないと言ったほうが適切な表現かもしれません。立場立場でそれぞれに事情あり、大変ですばい。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています