出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

ネットショップ上の違反実例とその是正案 13

2006年11月14日
通販・ネットショップ・パンフレット等に原材料一括表示をしている企業は消費者への情報開示の姿勢が感じられます。ネット上で販売する食品でもその物自体には原材料一括表示をしなければなりませんが、ネット上で原材料一括表示を開示する義務はありません。義務が無いにも関わらず、開示しているネットショップ・通販サイトは消費者利益にかなう善良な会社だと思います。

原材料一括表示の軽度な違反の実例です。
どこが違反かわかりますか?
20061113081321_3.jpg















原材料名の記載順序が間違っています。

記載を直しますと、
「大根、鶏卵、こんにゃく、揚げかまぼこ、じゃがいも、豚肉、醤油、砂糖、食塩、味噌、米麹、唐辛子、還元水あめ、魚介エキス、調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に、小麦を含む)」となります。食品添加物の「調味料(アミノ酸等)」は最後に記載しなければなりません。アレルギー品目の表示方法等、他にも書き方はいろいろあります。

軽度の表示違反ですが、情報を開示しようという姿勢は評価します。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています