出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

第二のペヤング事件は秋口だろうか?それはマスコミ次第。

2015年05月30日

全国的知名度が高い割に従業員数が少なめ(100人未満)のオーナー経営食品製造会社であれば同様の不運に見舞われても不思議はありません。視聴率を稼げるように上手にシナリオを描けるか?でしょうね。

大手には関係ない話ですが、規模の小さい食品製造会社の場合所管行政としての保健所に恐怖心を強く抱く経営者は結構います。意図的な悪さ・違法行為をしていないにも関わらず、です。諸々知らない、から怖いのでしょう。

小規模食品製造・加工会社の食品衛生現状にはいろいろ問題があるでしょうからビビるのはわかりますが、消費者対応でもめそうな時には保健所に間に入ってもらうのが穏当だったりします。

とはいえ、この穏当な手が使えるのは自社で専任の品質保証・品質管理従業員を雇っている場合です。雇えない・雇っていない場合には...文書による指導程度はされるでしょうが、営業停止・禁止という程の厳しい処分は受けないでしょう。軽い処分の場合には経営者よりも保健所職員の方が胃が痛くなるでしょうけども。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています