出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品関連法・関連条例の絶対的遵守は大手系に限定された志向。

2015年03月28日

絶対的遵守を旨とする大手企業は憤慨するでしょうが、行政サイドから四の五の云われる筋合いは無し。というのが小規模食業界の悲しいかな、実情。 

大手企業系に納品する場合には小規模食事業者であっても大手企業基準に沿うことが当然求められますし、沿わずに納品すれば先様に多大のご迷惑をお掛けする可能性がありますので、ふるいに掛けられる。 

しかし、加工又は製造・自社店舗のみでの販売(ネット通販も含む)を一貫して行う場合には実質的ノーチェックで流通できますので、その場合は玉石混合。食品関連法・関連条例を知ってそれらを順守しようとすれば少なくとも作業量が増えたり人件費が増えたりですが、費用をかけて競争力が増すかというと悲しいかな逆で低下する。 

順守事項を知らないまま営業しそれでなんら営業に支障がない・感じていないであろう小規模食事業者に親切ごかしにいろいろお知らせする・教えるような酷いまねは私はしません。行政なり何なりが事業者に順守圧力をかけるなら私もそれに並走するように「現実的」体制強化に協力しますが、そういう状況が発生することは稀。 

小規模食品事業者に対しても法・条例周知が行き渡らない限り、お為ごかしは脅迫者・嘘つきと思われても仕方ないですので、斜に構えてそよ風を読む。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています