出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

マスコミの方々は誤字・誤用に対する読者・視聴者の寛容に感謝しておられるのだろうか?

2015年01月08日

小規模食事業者への「タカリ的」品質保証代行などで何とか食べている私としては、食業界の品質上のさざ波をデフォルメして大問題化してくれるイエロージャーナリズムに感謝しないのは失礼と思う人もいるかもしれませんが、「小規模」食事業者には関係のない話ですので扇動的マスコミに別に感謝したりはしていません。 

ところで、マスコミ殊に新聞各社が自社発行新聞を即日自主回収するような騒ぎが連日どころかたまにも起こらないのは読者が誤字・誤用を寛容するからでしょ? 

連日どこかの新聞社の社長が謝罪会見して発行全部数を回収するというようなニュースがでないのは「読者の寛容の賜物」だという自覚を持って頂きたい。その上で食の問題を取材されたならそれぞれに努力しているであろう食業者をこうも悪しざまに報道することは到底出来ないでしょう。 

食業界へのあまりの理不尽報道が続くようなら新聞の誤字・誤用に対しても寛容する風潮が損なわれ「自社新聞社の社長への謝罪会見要求が高まり又発行全部数自主回収も要求される」圧力が高まってもそれは身からでたサビと唾棄されてしまうのではないでしょうか?

 

這いつくばって辛うじて生きている可哀想〜なオンチャンのかすれた遠吠え、と憐れんで許してチョッ。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています