出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

産経新聞・読売新聞の記者の方々には「食材全数についてなぜ放射能検査をしないんだ!」と日本マクドナルドを糾弾してもらえないでしょうか?」

2015年01月08日

固形異物混入は個別事案である場合がありますが、モニタリング・サンプル検査では放射能汚染食材が検査をすり抜け商品に使われる可能性があるでしょう、一連の固形異物は消費者が気づく場合もありますが、放射能の場合は気づかず食べてしまうかもしれません。

日本マクドナルドの品質保証体制を糾弾するなら優先順位は「放射能全数検査をなぜしないんだ!」が先ではないの?固形異物混入で日本マクドナルドを叩くのは自社への非難・糾弾を避けるための戦略なのでは?

それとも...日本マクドナルドは福島県産食材使用を避けているのだろうか?そうだとしたらそれが気に入らないので読者による自社への反発を買わない食の別の安全問題で日本マクドナルドを叩くのだろうか?

...たぶんそういう悪意はないのでしょう、悪意を自覚するなら叩く手に幾分のためらいが生じるだろうと思いますので。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています