出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

ペヤングブランドのまるか食品が製造停止の選択をしたことはオーバーリアクションではない、と思います。

2014年12月25日

Twitterに異物写真を投稿した消費者の行為はこの場合は違法性はないだろうと思います。企業側からすれば思い止まって頂けないでしょうか?それこそ土下座して懇願したくなるでしょうが。 

製造を続ける限り、消費者の方々は「購入品に何か問題があったらTwitterにそれを投稿したら盛り上がるだろうな」魚の目鷹の目で問題探しをし続けるかもしれませんし、過去の問題も根掘り葉掘り荒探しをしたくなる心理が働くかもしれません。 

オーバーリアクションだと言われるぐらいの対応・ヘビーユーザーから販売停止を残念がられるくらいの対応をしたからこそ、バッシングは一旦止んだんだろうと思います。 

大手食品製造会社の品質保証状況を基準とすればオーバーリアクションだと思うのかもしれませんが...多分前提・想定が楽観的なのでオーバーアクションだと思うのかもしれません。単独では重大視されない細い二の矢でも、企業存続の致命傷となるかもしれません。不二家のように単独での存続は許さない空気が覆うことだけは避けたいでしょうから。 

東日本大震災以降被災地住民として各方面の方々から直接間接にお世話になった身として気の毒に思いますし何のお役にも立てないことに申し訳なくも思います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています