出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

福島第一原発事故は吉田所長一人の責任・自作自演、自民党はそう矮小化したいのか?

2014年11月28日

朝日新聞が「所長命令に違反して所員が撤退」と報じたことを謝罪・撤回したことが私は残念で残念でならない。一方、なぜ産経新聞・読売新聞は「所長命令により所員は泣く泣く周辺住民避難に協力も許されず福島第二原発に一時退避」と報じないのだろうか?

 

東日本大震災発災後、身体弱者の救命より原発事故収束が優先するのはやむを得ないのだろうと多賀城市内の避難所から南の福島第一原発方面の空を恨めしく見つめたことを思い出す。

 

原発事故を起こした当事者が自らの命だけ?を惜しんで一時せよ避難する・したなど到底信じることが出来ません。「所長命令に違反して撤退した」のでなければ「所長厳命に泣く泣く従って一時退避した」以外にあり得るのか?


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています