出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

エステサロン「たかの友梨ビューティクリニック」の経営者は労働法を「無駄に」軽視し過ぎ。

2014年10月30日

提訴した元従業員の方の「告白文」をネット上で拝読しました。

 

オーナー経営者は労働法を軽視したというより労働法を知らないのではないか?と思うほどに「無駄に無意味に」労働法を逸脱した実態も。

 

元従業員の方の文面を拝読して思いましたのは、この方とっても心の美しい優しい方でいらっしゃるなあ〜と感じました、つづられた一語一語に人となりが滲み出ておられます。

 

つづられた文字からは勿論のこと行間からでさえ、経営者・会社・まして一緒に働いた方々への恨みなど微塵も感じません。この方、とても心優しい方のようです。

 

経営者に今も敬意を抱いていることも間接的に感じる文面ですし、後輩従業員の方々が働き続けられる労働環境を願っての提訴であることが滲み出た文面です。

 

提訴した今も仕事・会社に愛着を抱いていてくれている元従業員の今回の「真っ当な願い」に沿って会社労務を是正しないと、指導を無視されて面目を潰された厚労省も姿勢を硬化するのでは?

 

私は法律家ではありませんので、僭越ですが、経営者・会社側が「無駄に」「無意味に」労働法規を無視している面もあるように思いました。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています