出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

朝日新聞本日朝刊の社説。介護日記的漫画の話。...介護者・残る者への癒し。

2014年10月29日

岡野雄一さん作「ペコロスの母に会いに行く」は書店で目に留まったというか表紙絵から目が離せなくなり買いましたが、じっくりとは読めずにいます。

 

新作というか最終作というか、「ペコロスの母の玉手箱」が出版されたそうです。母は「車イスから自由になった」そうです。

 

「ペコロスの母に会いに行く」は介護者の方に天使がそっと寄り添う本のように感じましたが、本日の社説の柔らかい表現にも同様な心証を受けました。

 

しんみりしながらも優しい気持ちが湧いてくる・思い出す社説、であった〜。頭で読むを好む人も多いのでしょうが、こういう心で読む文に触れるのも、またいいもんです、おかげで朝から良い気分です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています