出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「たかの友梨ビューティクリニック」はブラック企業というよりホワイト企業に近いような心証。

2014年09月13日

弁護士ドットコムに掲載された、高野友梨社長とみられる女性が、残業代未払いを労基署に通報した女性従業員に対して「圧迫発言」を繰り返しているとされる音声の録音データを拝聴しました。

http://www.bengo4.com/topics/2045/

 

感想は、...哀しいかな社長の言っている通り、と思います。労働基準法を微にいり細にいり全守したら私企業は潰れる、でしょう。順守志向は経営者として必須ですが、全守となると、...負担が重く、...この社長の言う通りでしょう。

 

社長は著名な方のようですので一従業員にとっては直接話をすること自体に相当なストレスを感じてしまったのかもしれませんが、社長の話し方・話の内容は普通、この程度なら私企業レベルでは真っ当な部類でしょう。

 

中小企業、特に実質的私企業においては、従業員が労基に訴えたくなる事案に事欠かないですので、問題はあれもこれもの中から会社が潰れない範囲・内容に先ずは絞ることに頭を悩ますことになるでしょう。労基職員は企業存続とか倒産とかには関心がありませんので。

 

辞めることを前提とせず勤め続けるつもりであれば、経営者のみならず自分以外の全従業員と敵対的な状況下で働き続ける覚悟は必要ですので、社外の労働組合による支えが重要になると思います。

 

訴えた従業員の方もその他の従業員の方々も又この社長も皆さん良い人そうな感じを受けます、人間社会は難しい、ですね〜。

 

どれっ、頭が痛くなってきましたので、プチ引きこもりしよっと。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています