出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「東電社員退避は命令違反ではなかった(?)」吉田調書の信ぴょう性補足を産経新聞・読売新聞には期待。

2014年09月06日

産経新聞の伝えるところの吉田調書内容だけでは「実質、命令違反だった」と思ってしまう人もいるでしょう、少なくとも私はそう感じてしまいました。

 

東電社員の方々が命令に反してではなく命令に従って自己の意に反して福島第一原発から福島第二原発に一時避難したのであれば移動中に取り残された周辺住民(自家用車を持っていない・身体不自由であるなどで避難できないでいた住民)の避難に何らかの助力をしたはずです。

 

東電社員の方々は遠慮してその行為を自身では喧伝しにくいのでしょうから、取材していただき大々的に報じていただけないでしょうか?

 

そういうことを報じていただければ我が身可愛さに逃げたのではないということがすんなり理解されるだろうと思います。あまりに当たり前過ぎる行動(周辺住民救護)であるために記者の方々にとっては取材の盲点なのでは?と思います。

 

現時点では朝日新聞が報じた「福島第一原発からの退避は命令違反だった」というのを誤報と決めつけるには報じ方がまだまだ単調という印象を抱きます。原発事故による二次的苦難を味あわされた要介護者・介護者の中には感情的にどうしても「退避したそのこと自体が許せない」と思っている人もいる、ということも勘案して報じていただきたい、です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています