出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品表示法における製造所固有記号制度抜本改正は判例が出てからになるのかも?

2014年07月02日

現状、消費者が製造所固有記号制度の趣旨と運用実情の両方を知らないだろうと思います。両方を知った上で購入判断をしているなら製造所固有記号制度と景品表示法に整合性はあると裁判官は判断するかもしれませんが、そうでない実情を裁判官が把握した上で決すれば製造所固有記号制度の運用範囲は「自社複数工場で同じ品を製造する場合に限定」されるかもしれません。

 

私は法律家ではありません。私は小規模食品事業者向け品質保証代行・コンサルタントに過ぎません。這いつくばって生きてきた者としては、...消費者が弁護士の手を借りて民事訴訟を起こした場合に広く実情を示す資料を提示すれば裁判官はさぞ驚くことだろうと思います。

 

法律家でない私が言うのはおこがましいとは思います。思いますが、口の端が痒いもので...ご勘弁ください。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています