出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「産めないのか!」とヤジった東京都議会議員がまだ自発的に議員辞職していないとは...なぜ?

2014年06月21日

企業内で起こった・起こっているセクハラが公になることが極めて少ない現状、救われず苦しんでいる方々は全国に数十万人はいらっしゃるのでは?

 

今回の都議会本会議での女性議員に対する「産めないのか!」ヤジを反省・お詫び程度で収拾するようであれば都議会議員全員がセクハラ行為を肯定・容認したも同然ではないかと私は思います。

 

「産めないのか!」というヤジがとんだ後、議場内に笑いが起こったそうですが、笑った議員の品性もヤジをとばした議員と同様のヤジを今後とばす可能性があるでしょうから、後援会の

方々は支持する議員に今のうちに釘をさしておかれては如何でしょう?

 

折角当選させても破廉恥行為で辞職では目も当てられないでしょうし、後援会の方々も恥ずかしい思いをなさることになるでしょうし。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています